債券格付けはこう読み解く

債券格付けは、格付け会社が将来の事を見越して評価していると考える人もいるようですが、実はそうではありません。状況によって変化すると言うことについても知っておく必要があるでしょう。償還まで代わらないわけではないという点に注意しておかなければならないのです。

 
例えば、日本国債が格下げになったことは記憶に新しいことです。買うときの格付け情報がずっと維持されるわけではないという点に注意しておかなければなりません。経済環境が変われば財務状態も変わってきますから、これは当然のことと言えば当然のことだと言えるでしょう。しかし、中には格付け情報を信じ切っている人もいるようです。ですから、格付け情報は変わるものだという事を知っておかなければなりません。プロミス店舗

 
格付け会社が格付けを行って公表している理由は、何も投資家のためでは亡いということを知っておく必要はあります。発行する企業が、売るためには何らかの情報が必要になると言うことから、格付け会社に依頼して評価してもらうと言うことなのです。問題点は何かというと、格付けされている債券を発行している企業は、格付け会社のお客さんだと言うことです。これによって、公正な評価が得られなくなる可能性はあるでしょう。