格付情報の入手方法

企業が債券を発行するときには、その債券のリスクがどれくらいなのかを投資家に対して提示することが必要となります。投資家としては、どれくらいのリスクがあるのかを判断する事ができなければ、投資をするのは難しいと言えるでしょう。それが理由で投資をしなくなると、企業は資金調達ができなくなりますから、格付け機関に依頼して格付けをしてもらうことになります。投資家はこれを元にして投資するべきかどうかを判断することができるのです。
では、格付け情報はどうやって入手すれば良いのかというと、格付け機関が公開しているものを利用するのが良いと考えられます。ウェブサイト上で公開していることが多いですから、すぐに利用する事ができます。
また、債券を販売している金融機関で知ることもできます。証券会社で購入するときには、証券会社から格付けを教えてもらう事ができるでしょう。例えば、A以上の債券を欲しい場合には、それを提示すれば適した債券を紹介してくれます。一般的に投資に適した債券は、BBB+以上のものを指します。投資適格債と言われることが多いです。まずは格付けがどのような意味を持つのかを把握することが必要となってくるでしょう。

コメントは受け付けていません。