債券の格付けと格付会社

格付け会社は債券のリスクを評価する会社だと言えるでしょう。評価の仕方や表現の方法は色々あり、何段階かに別れています。AAA、AA、A、BBB、BB、Bというようにアルファベットで表し、そしてさらに+や-で表すことが多いです。AAA+がもっともランクが高いというように、いくつかの段階に分けられているのです。
これを行っている会社は、発行体の依頼を受けて評価するのが基本です。発行しようと思っても、そのリスクがどれくらいなのかが分からないと買い手が見つからないこともあります。ですから、発行するために依頼するというのが基本なのです。
何段階かに別れていることが多いのですが、これによって投資に適したものかどうかを判断していかなければなりません。通常、BBB+までのものは投資適格債と言われて、比較的安全なものだと判断されることが多いです。それ以下のものはジャンク債と呼ばれたり、ハイイールド債と言われたりすることもありますが、これはリスクが高いことを意味していると言えるでしょう。リスクに着目したものがジャンク債という呼ばれ方で、リスクが高いことから利回りが高いと言うことに着目したのがハイイールド債という呼ばれ方です。

コメントは受け付けていません。