債券投資で確認しておきたいこと

銀行や郵便局等の窓口でも多く販売されており、広告を目にした事もある事でしょうが、そもそも債券投資とはどういったものなのでしょうか。
債券とは設備投資や運転資金などの資金調達が必要な国や企業が発行している債務証券です。投資家にとっては一定期間保有する事で将来的に金利を享受する事ができ、貯蓄性の高い金融商品として人気があります。企業や国にとっては資金を集める事ができ、投資家にとっては金利を享受出来るメリットがあるため、お互いにとってメリットのある商品を言えます。そして株式等と違い、大きな価格上下が比較的少ないため、リスクが低い商品のため、利益に繋がる額も比較的少ない商品をも言えます。投資の世界ではリスクが高い商品程、利益や損益の幅が広くなりますので、債券は幅が狭い商品となります。債券は市場や経済の影響を大きく受けますが、市場金利が上昇すると債券価格は下落し、市場金利が下落すれば債券価格は上昇する点も上げられます。債券の価格が上昇すれば利回りは低下し、債券価格が下落すれば利回りは上昇する傾向にもあります。
この様に他の投資商品と比較しても貯蓄性の高い商品であり、長期的に保有する事で利益を享受出来ると考える事が出来るのが債券です。
常夏

コメントは受け付けていません。